作品一覧開く

このお話は

「もう、終わりにしよう―。」
恋も仕事も、何もかも上手くいかない人生に嫌気がさした水上素直・25歳。
自ら命を絶った…はずなのに、なぜかあの世に行けず、元同僚の大河内伊佐子の前に登場して―!?

 

登場人物紹介

  • 水上素直(みなかみすなお)成仏できずにこの世に漂っている。「リブラブ」というグループの音楽が好き。
  • 大河内伊佐子(おおこうちいさこ)ゴルフ場でパートをしている。夫は単身赴任中。素直の姿が唯一見える人物。伊佐子が触れた人も、素直が見えることが判明。
  • 五条 環(ごじょうたまき)伊佐子のパート仲間。浪人生の子どもがいる。伊佐子が触れたことで素直の存在を知ることに。
  • 大河内新太(おおこうちしんた)伊佐子のひとり息子。高校で野球部所属。よく食べる。
  • 円山実代(まるやまみよ)伊佐子のパート仲間。妊活中。環と同じく、素直の存在を知っている。
  • 姉小路(あねこうじ)伊佐子たちが働くゴルフ場のお得意様。心筋梗塞で亡くなってからは、幽霊の素直にしか見えなくなる。
 

Copyright (C) Shueisha Creative.